生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

日本人はインスリン分泌量が少ない?

   

日本人はインスリン分泌量が少ない?

日本人は、欧米人に比べて、遺伝的にインスリン分泌能が低いと言われています。

また、インスリンの分泌が悪いと様々な病気や体の不調にもつながります。

今回はそんなインスリンの分泌の改善に関する情報もまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


糖尿病になるメカニズムとは?

すい臓の機能が弱っていると、すい臓はインスリンを分泌する量が少なくなっていきます。すい臓に疾患があったり、疲弊していたりすると、生産性が悪く、食べた量に対して十分の量のインスリンがないために、細胞に入って行けるブドウ糖が限られてしまい、血糖値が上がったまま下がらない、という状態になってしまうのです。

引用元-−-流れてよくなるcom

早食いはすい臓に負担が・・・

早食いは何と言っても、糖尿や糖尿予備軍の方にとっても、非常に良くない影響を与えます。
わたしたちが食事をすると、血糖値が上がりますね。食後は誰でもそうです。血糖値が上がると、すい臓はそれを感知して、血糖値を処理してそれを下げるために、インシュリンを分泌します。そして、インシュリンのおかげで血糖値が下がり、正常な血糖値に戻ります。
つまり、すい臓は血糖の量に合わせて、インシュリンを出す訳なんです。たくさん食べれば、たくさんインシュリンを出しますし、少なく食べれば、少ない量しか分泌しません。
じゃあ、早食いをしてしまって、急激に血糖値が上がると、どうなるでしょうか?
それは、すい臓も急いでインシュリンを大量に分泌します。
ここが! 大きな問題点です。
すい臓にとって、急いでインスリンを分泌するというのが、とっても負担がかかることなんです。
わたしたちもそうですよね。仕事でも何でも、急いで何かをしなければいけないというのは、負担です。早く早く!とあせらされると、参ってしまいます。疲れてしまいますよね。
一方、ゆっくりゆっくり、時間をかけても良いならば、それほど負担になりませんし、疲れもほとんど感じなくてもよい訳です。
すい臓も、これと全く同じです。
 

引用元-−-流れてよくなるcom

すい臓の疲れをいやすには?

インスリンを体外から補充することによって、無理にインスリンを出そうとするすい臓の働きすぎを防ぎ、疲れたすい臓を一時的に休めることができます。インスリン治療によってすい臓の働きが回復したら、インスリン注射の回数を減らせたり、飲み薬だけの治療に戻せる可能性もあります。
すい臓の機能が低下する前にできるだけ早くインスリン治療を開始して、よりよい血糖コントロールをめざすのです。

引用元-−-よくわかるインスリン

早期インスリン治療は効果的?

糖尿病と診断されても、すい臓の機能が十分残っているうちに、より早くインスリン治療を始めて、体外から注射でインスリンを補充すると、すい臓の負担を減らすことができます。結果としてすい臓が正常に働けるように戻すことができる可能性もあります。
また、早期に治療を始めることで、注射も1日1回ですむ場合もあり日常生活への負担を軽減しより少ない注射回数から始めることができますし、お薬の量を減らすことができます。
治療がしっかり継続されれば、血糖コントロールもよくなり、合併症予防やその進展を遅らせることができます。また、血糖値・HbA1cが非常に高くなる前に早くはじめれば、インスリン治療をやめられることもあります。

引用元-−-よくわかるインスリン

インスリン注射には様々な種類が・・・

インスリン注射は、効果があらわれるまでのタイミングと、持続時間によって、超速効型、速効型、中間型、混合型、持効型の5つに分類されます。注射の回数も1日1~4回以上のもの以外にも、最近では1日1回の注射で効果が24時間持続するタイプもあります。どの種類のインスリンを使うかは、患者さんの病状や合併症の有無、生活習慣などを考えて決められます。

引用元-−-よくわかるインスリン

運動とインスリンの関係

糖尿病は運動不足によっても引き起こされます。適度な運動は、予防や改善に必要です。なぜ運動療法が効果的かと言うと、まずダイエット効果があるという点がありますね。そして、次に、運動はインスリンの効きを良くする、という報告もあります。

運動によってインスリンが活性化して、本来の働きをしやすくなります。特にインスリンが元気がないというパターンの方は、取り組んでみる価値がありますよ。

しかし、急激な運動は逆に身体にとって悪影響を及ぼします。特に、肥満ぎみの方は、激しい運動によって足腰、ひざなどを傷めてしまうことが多いようですので、それほど負担のかからない運動が必要ですね。一般に奨められているのは、1回30分~1時間程度のウォーキングです。それを週に3回ほど行ない、慣れてくれば、時間や回数を増やしたり、さらにはジョギングへ、と少しずつ負荷をかけていきます。自分の体調に合った方法と時間で、まずはとにかく体を動かし始めるのが良いようですね。

とはいえ、低血糖などの症状がでる恐れがある場合は、運動療法は慎重に行なう必要があります。運動の途中で、低血糖症状が起きる場合が多いからです。そういう方の場合は、お医者さんの指導の下で、取り組むことが大切です。

引用元-−-流れてよくなるcom

体重を減らすとインスリン分泌が改善することも

体重や血糖のコントロールなどで膵臓の負荷を軽減し、休ませる事でインスリン分泌能が改善してくるという説もあります。

引用元-−-Yahoo知恵袋

インスリン分泌だけが問題ではなかった。インスリン受容体の存在

普通、インスリンとインスリン受容体が結合すると、細胞内にある、ブドウ糖輸送担体と呼ばれる物が、細胞膜上に移動して、ブドウ糖を細胞内に取り込むように働きかけるんです。インスリンとインスリン受容体が結合すると、そういう働きが起こるのです。しかし、結合しないと……

このブドウ糖輸送担体は、眠ったままで、ブドウ糖をいわば取り込みに行かないんです。だから、ブドウ糖はどんどん血液中に余ってしまい、結果として血糖値が高くなり、その状態がしばらく続くと、糖尿病になってしまうのです。インスリンとインスリン受容体の両方が元気になっていないと、駄目という訳ですね。どちらか片方が元気でも、片方が結合を拒否してしまえば、ブドウ糖は細胞に入って行けないんです。

引用元-−-流れてよくなるcom

糖尿病の本当の原因

かつては、この病気、糖尿病の人は、インスリン(インシュリン)の量が足りないと考えられていました。
しかし、どうやらそうではない、ということに最近気付くようになってきました。
多くの患者さんは、インスリン(インシュリン)はしっかりとすい臓から分泌されているのです。
分泌されているのに、血糖値は下がらない。それはなぜだ?となってきた訳です。

ところで、扉を開ける鍵を持っていても、鍵穴に差し込まないと扉は開きませんよね。
同じように、インスリン(鍵)がすい臓から分泌していても、細胞膜上にあるインシュリン受容体(鍵穴)と
結合しないと、ブドウ糖が入っていける扉は開かないのです。
問題は、そこにあったんです。インスリン(インシュリン)とインスリン受容体が結合しないこと
にあったんです。この状態を、「インスリン(インシュリン)が元気がない」とか、「インスリン受容体が
元気がない」と表現する場合もあります。
元気なインスリン(インシュリン)は、インスリン受容体と結合しやすいのですが、元気がないと結合しません。
同じく、インスリン受容体が元気がないと、インスリン(インシュリン)を受け付けなくなり、
はねつけてしまいます。

引用元-−-流れてよくなるcom

twitterの反応

 - 健康

ページ
上部へ