生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

サラリーマンの小遣い事情。その内訳・使い道とは?

      2015/02/20

サラリーマンの小遣い事情。その内訳・使い道とは?

周りのサラリーマン男性を見ていると、小遣い制の人が多いように感じます。

ちょっと気になる他の人の懐事情、サラリーマンのお小遣いはいくら位で、一体何に使っているのか?についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


サラリーマンのお小遣い、平均はどれくらい?

まず、1カ月の小遣い(昼食代含む)はいくらかと尋ねたところ、男性会社員の平均は前年比1,115円増の3万9,572円。2年ぶりに上昇したものの、リーマンショック前の水準(2008年の4万5,825円)にはおよばず、調査開始以来、4番目に低い金額となった。一方、今年から調査範囲を拡大した女性会社員の小遣い額は、男性会社員より2,860円低い3万6,712円だった。

年代別に見ると、20代は2007年以降、減少が止まらず、2014年も前年比615円減の3万7,865円と唯一マイナスとなった。30代は同52円増の3万7,145円と微増。40代は同4,246円増の4万1,170円、50代は同779円増の4万2,110円と、ともに3年連続で増加した。

この1年(2013年4月〜2014年4月)の間に昇給があった人は前年比2.7ポイント増の38.6%と、2008年の調査開始以来、初めて増加に転じた。

引用元-−-ライブドア・ニュース

理想と現実の差はおよそ3万円!

理想の小遣いを聞いたところ、昨年と比べ-3200円の「7万1600円」。小遣いの理想と現実の差は、昨年の2万6000円と比べ700円縮まり2万5300円だった。年代別で見ると、理想の小遣い額が最も高いのは、20代の7万7800円で現実との差は2万6100円。既婚者層(5万7000円)と子どもがいる層(5万7800円)の理想額は、ほかと比べて低いことから「子どもの教育費など何かと物入りなお父さんたちからは、控えめで現実的な金銭感覚がうかがえた」(GE Money)

引用元-−-Business Media 誠

サラリーマンは一体何にお小遣いを使っているの?

ちなみに、お小遣いの使い道で必要不可欠なもの第1位は昼食代で、1回あたり全国平均510円。ワンコインランチや低価格のお弁当、ファーストフードなど500円以下で楽しめるランチも定番化しているので妥当な金額と言えそうです。2012年11月の平日22日間で計算してみると、1カ月にかかる昼食代は1万1,220円。残り2万8,380円で、使い道2位の趣味の費用、3位の飲み代、4位の携帯電話代……などをやりくりすることになります。一見余裕があるようにも見えますが、前回3位だった嗜好品代(タバコなど)は7位へ大幅に順位を下げるなど、出費に“メリハリ”をつけてやりくりしているサラリーマンの様子がうかがえます。

引用元-−-@nifty わたしのマネー術

小遣い使い道の1位、サラリーマンの昼食事情。

未既婚別では未婚者は外食・購入弁当が多く、持参弁当が少ない。既婚者は持参弁当が未婚者の2倍近くで、外食や購入弁当など費用がかかるものが少なめ。「既婚者の方が昼食費は高い」は、「持参弁当で節約する必要が無い、家計に余裕がある世帯が多分に含まれている結果」が一因だと考えられる。無論持参弁当を利用する理由は「節約」だけでなく、配偶者に愛情を感じてほしいこと、健康志向など他の理由もあるが。

また今件昼食代は「弁当持参時を除く」が前提。持参弁当と外食・購入弁当を交互に利用する事例の場合、後者の時には少々贅沢をしてしまう心理が働くのだろう。

一方、既婚者で子供のあるなし別では、子供がいる方が持参弁当率がやや高め。子供向けの弁当を作る際に一緒に配偶者用のも作るのが常であることを考えれば、容易に理解はできる。

「昼食代は500円台」「持参弁当は既婚者の方が多く4割近く」。現在のサラリーマンの昼食事情をまとめるとこの二言になる。昼食向け商品の価格漸減もあるが、10年ほど前の600円〜700円台と比べると、ややさびしい状況。

引用元-−-Yahoo!JAPAN ニュース

サラリーマンの小遣い制は働く意欲をなくす!?

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s INA99_saifuaketara1en500-thumb-751x500-3295

小遣い制の問題の一つは、働き手のモチベーションを高められないことです。せっかく仕事を頑張っても決まった金額しかもらえない。小遣いを増やしてもらうためには、ハードな値上げ交渉(!)をパートナーとしなければならない。これでは、収入を上げようという動機が薄れ、仕事に対するやる気がだんだんと萎えてしまいます。

また仕事をしていると、食事や趣味以外にも色々な出費があります。仕事上のお付き合いや身だしなみ、あるいは自己啓発にもある程度のおカネをかければ、将来の収入アップにつなげられます。

引用元-−-日本経済新聞

夫婦でしっかりと「小遣い」について考えることが、収入を増やす早道!

色々なカップルに話を聞いてみると、多くのケースではおカネに関して夫婦で正面から向き合って話すことを避ける傾向があることが分かりました。

そこで私が提案したいのは、まず家族でおカネについて真剣に話してみることです。

家計のことを話し合うようになれば、家計を殖やしたり守ったりするのに必要なおカネの知識が分かるようになり、勉強しようと思うようになります。2人で得た正しい知識を夫婦でコミュニケーションしながらシェアして、おカネについて一緒に考える。そうすれば、おカネは「とにかく節約して貯(た)めこむもの」ではなく、夫婦で共に長期的に戦略を立て「メリハリをつけて上手に活用するもの」という考え方へマインドシフトできるようになります。

おカネの管理方法を変えて2人の視点で見るようになれば、1人でできなかったことができたりします。例えば、生活費全体の見直しをしてみたり、節税の方法を考えたり、ローンの借り換えをしたり、といった具合です。

引用元-−-日本経済新聞

twitterの反応

 - 生活

ページ
上部へ