生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

インフルエンザの予防接種と風邪についての関係

      2015/03/02

インフルエンザの予防接種と風邪についての関係

インフルエンザに対する予防接種は効果があるの?

また、風邪との違いは?

今回はインフルエンザと風邪の関連についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


インフルエンザの予防接種は、熱が37.5度を超える場合は、基本的に接種はできません

インフルエンザの予防接種は、風邪をひいているときでも受けることができるのか?と予防接種時期が近くなると心配される方も多いと思います。
結論から言うと、うつことは可能ですが、熱が37.5度を超える場合は、基本的に接種はできません。

一般的には医者の判断によりうつかどうか決まりますので、厳密に37.5度を超えなければ打てるというわけではありません。
微熱であったとしても接種を控える医師もいますし、咳が出ていたらダメという医師もいます。
その症状の原因にもよりますが、基本的には、明らかに風邪様の症状が出ていない限りは予防接種を受けることができます。

ちょっと風邪気味だなと思った時は?

先ほども書きましたが、医師の判断によって異なりますので、予防接種を希望される方は、病院に行ってみましょう。
予防接種前に問診票の記入があると思いますので、そこに具体的に記入をし、なおかつ医師に相談されることをおすすめします。

なぜ風邪様の症状があるときに受けれないのか?

発熱や咳などの風邪様の症状が出ている状態のときは、免疫力が低下しています。
免疫力が低下している状態で予防接種を行なっても、思う様に抗体がつくられにくいことがあります。
つまり効果が出にくいということです。
医師たちの考え方や見解によってさじ加減は変わりますので、接種できる状態が医師により変わるのです。

引用元-−-話題集め隊

インフルエンザは風邪の一種

厚労省とWHO(世界保健機関)のホームページ上では、インフルエンザワクチンで、感染の予防はできない。また有効とするデータもない。と明確に書かれています。

それではなぜ現在もインフルエンザの予防接種が毎年推薦されているのでしょうか?

インフルエンザ予防接種の嘘

予防接種を推薦する言葉に下記のようなことを聞いたことがあると思います。

㈰インフルエンザは風邪じゃない

実はインフルエンザは風邪の一種です。インフルエンザと風邪が違うように言われていますが、予防接種を受けさせるための宣伝なんです。

㈪予防接種で重症化を防ぐ

インフルエンザ脳炎等を防ぐ効果があると言われてきましたが最近の研究では脳症などを防ぐ効果は全くないとの報告が出てきています。

㈫家族や他人にうつさないために予防接種を打つ

インフルエンザの予防接種で抗体ができる場所は血液の中です。インフルエンザの感染経路の喉や鼻などには抗体ができません。なので予防接種を受けても効果がありません。

㈬予防接種を受けるとインフルエンザにかかった時軽く済む。

最近のデーターによれば予防接種を受けた人も受けなかった人もほぼ同じ結果ということがわかっています。

引用元-−-ネットで話題の気になる話

インフルエンザ予防接種の副作用の症状は?

いくつかあります。

1.赤く腫れる

注射した局部が赤く腫れます。ここに関しては腫れが引くまでこするなどの刺激は避けた方がいいでしょう。2~3日で治るといわれています。

2.熱、寒気、吐き気

これも一時的なものです。2~3日以内に治ります。これに関しては、子供や赤ちゃんが発症することが多いようです。心配になりますが時間が解決する問題です。ゆっくり様子見をしましょう。

3.風邪のような症状が・・

そして最後にこれです。インフルエンザワクチン接種後には、頭痛、関節痛、喉の違和感、発熱、筋肉痛などこのように風邪のような症状になることがあります。まあ、ワクチンですからインフルエンザ発症前に軽いウイルスを入れるのでこのようなことが発生するのもそう珍しいことではないのです。勘違いしている人が多いのですが、ワクチンはインフルエンザ感染を防ぐものではありませんよ!?先に軽くウイルスを仕込んでおいて体に抗体を作らせてそれで結果的に感染しずらくなったり、感染後の症状を軽くできるというだけです。ワクチンを打つときは、体内にウイルスを仕込むぐらいに考えておきましょう。

引用元-−-最新情報強者ブログ

インフルエンザ予防接種は重症化を防ぐか?

OZP86_watashinonensyuu500-thumb-677x500-3945

結論からいえば、どんな基準でも効かないということです。感染を防ぐことも、発病を防ぐことも、重症化をふせぐこともできないし、完治までの期間の短縮ものぞめないということです。

インフルエンザウイルスは、鼻やのどや気管の粘膜の細胞にだけもぐりこみ、寄生して繁殖するというウイルスです。空気中にただよっているウイルスを吸い込み、それが粘膜に付着することで感染するのです。粘膜細胞の中で繁殖したウイルスは、粘液といっしょに排出されます。血液を通過して感染するものではありません。

予防接種は血液中にワクチンを注射するわけですが、インフルエンザの場合は残念ながら血液中に免疫物質(抗体)はできても、かんじんの鼻や気管の粘膜には免疫物質(抗体)ができないのです。ですから、感染もふせげないし発病も重症化もふせげません。

一度インフルエンザにかかった人が次にはかかりにくくなるのは、鼻や気管の粘膜にも免疫物質(抗体)ができるからなのです。血液中の免疫物質(抗体)と粘膜中の免疫物質(抗体)とは、似てはいますがまったく別の種類のものなのです。

引用元-−-みるめ君の労働相談箱

「ウィルスの株が一致すれば効果がある」と言われるが、現実に一致しているかの検証はされていない

1.厚生労働省も乳幼児の接種を奨めていない

これはビックリしたことなのですが、(本文抜粋)「『予防接種と子どもの健康』では「任意の予防接種は、被接種者と医師との相談によって判断し行われる仕組みになっており、行政が推奨しているものではありませんが、使用するワクチンは厚生労働省によって薬事法上の許可がされています」とありました。

行政は奨めていないのーー!!?

2.「ウィルスの株が一致すれば効果がある」と言われるが、現実に一致しているかの検証はされていない

これもビックリな事実。
また、「インフルエンザウイルスの変異はヒトの100万年といわれています。1シーズンでも型は変わります。ワクチンはその変異に追いつけません。一致するようにおこなう必要があるというのは単なる希望にすぎません」とも書いてありました。

3.ワクチン接種者と非接種者の罹患率の疫学調査の結果、ワクチンを接種してもインフルエンザにかかる割合が変わらなかった。

これは本編の注釈にあったものですが、前橋医師会が前橋市と近隣地域の6年間の調査結果だそうです。

3については、今シーズンのケイジのインフル予防接種を考えていた時に、通院している小児科のアレルギー専門の担当医に相談したところ、「うちは接種を奨めていないんだよね。接種してもインフルエンザの患者数って減っていないでしょ。」と言われました。

引用元-−-フックブック・カフェ

twitterの反応

 - 健康

ページ
上部へ