生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

母子家庭では、子供を高校に行かせる学費も大事な問題です!

      2016/12/22

母子家庭では、子供を高校に行かせる学費も大事な問題です!

母子家庭は生活が困窮している場合が多いとか。

中でも子供の学費が負担になっているケースも。

義務教育を終えての高校進学は更に家計を圧迫します。

でも子供にはせめて高校は卒業まで行かせてやりたいものです!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


母子家庭の場合、奨学金や授業料の免除制度が出来る場合もある?

母子家庭世帯のための奨学金や授業料の免除についてのお話。
自治体にもよりますが母子家庭に対して教育にかかる経費を奨学金または高校の入学支度金として支給しています。
公的な支援は各自治体によって違うようですので窓口で確認しましょう。

義務教育中ですと制服の支給があったり給食代や修学旅行の費用が支給されたりする制度などもあります。
これらは所得にもよりますが申請書を提出して受理されれば無料になります。母子家庭で生活が困窮している場合は高校の授業料の全額か半額の免除を受けることができたりすることもあるので、通っている
高校へ相談してみましょう。
また就職しながら定時制や通信制の高校へ通っている方で経済的に厳しく、授業料の支払いが困難なときは『修学奨励金の貸付制度』という奨学金の貸付を受けることができます。
この場合正規の課程を卒業すると貸付金の返済が免除されるそうなので詳しいことを知りたい方はそれぞれの高校へ聞いてみてください。

公的な制度は自分で情報を探さないと市町村の窓口などで親切に教えてくれるものではないようですので、知らないままの方もたくさんいると思います。
母子家庭じゃなくても義務教育の間は収入が少なすぎて生活が困窮しているとみなされた場合は、申請すれば受理されることもありますし、母子家庭など特に修学援助の対象になる家庭はダメ元でいいので申請してみましょう。
高校の授業料減免の場合は児童扶養手当の証書があればOKなようです。

奨学金にしても減免制度にしても利用できるものは利用すべき!
節約してたって修学のためのお金を払う余裕がない人だってたくさんいるんです。
きちんと働いていてもそこまでお金の余裕のない方など奨学金でも何でももらえる権利があれば堂々ともらいましょう!

引用元-−-母子家庭シングルマザーの節約生活 生活保護 仕事や住宅等

母子家庭でもし、子供が私立高校進学を希望したら??

2010年より国の高等学校等就学支援金がスタート
家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生等が安心して勉学に打ち込めるようにするため、2010年4月より、国の費用により、公立高校の授業料無償化とともに、国立・私立高校等の生徒の授業料に充てる高等学校等就学支援金が創設されました。
支給されるのは、所得や年齢による制限はなく、対象となる学校に在学する生徒に対して月額9,900円(年額118,800円)。これは、公立高校生が負担軽減される額と同額です。
ただし、保護者の所得に応じて一定額加算(1.5倍または2倍)されます。
・年収250万円未満程度の世帯  月額9,900円(年額118,800円)加算
・年収250万円〜350万円未満程度の世帯 月額4,950円(年額59,400円)加算
(注:所得は目安。実際には世帯構成を考慮したものとなっています)

授業料軽減助成とは?
「高等学校等就学支援金」が導入される以前より、私学には、「私立学校振興助成法」にもとづく授業料の助成がありました。
国の制度は私学の授業料で見ると一部に過ぎず、差額は個人の負担になっています。
一定の所得以下の世帯には、自治体が独自の助成を行っていて、負担を軽減するしくみがあります。
こうした私学への助成は、私立であっても「公教育である」というとらえ方から行われているものです。

引用元-−-AllAbout

子供の高校進学費、なければないでなんとかなる!?

なければないで、なんとかなる!

母が実践した教育資金づくりは、ビックリするほどシンプルな方法でした。

給料を<使う口座>と<貯める口座>に分ける。そして、月給17万円のうち10万円を使う口座に、7万円を貯める口座に分けて、使う口座のお金だけで暮らす。たったそれだけなのです。

30年前の話とはいえ、賃貸住まいで、しかも中学生のいる家庭の3人家族が月10万円で暮らすなんて、普通はありえないです。しかし、母はあきらめなかった。福祉事務所に出向いて、激安の住まいを斡旋してもらったり(なんと月1万8,000円!)、母子児童扶養手当等の母子家庭を支援する制度について教えてもらい、受けられるものはすべて手続きを済ませたりしたそうです。そして、もらえる手当はすべて<貯める口座>に入れて、生活費を増やすことはしませんでした。

高校入学直前に寮に入らなければならないことがわかり、親子で真っ青になったり(結局、半年後に退寮できた)、伸び悩んでいた英語だけは塾に通ったり(貯めるお金の一部を使って捻出)しましたが、生活費10万円の暮らしを続けてきたといいます。

「なければないで、なんとかなる!」これが母の口癖です。

肉屋で売り物にならない硬い筋の入ったお肉を、「犬のエサにする」といって格安で買い、しっかり煮込んで柔らかくしたものを食卓に出していたこともあったようです。スーパーには閉店ギリギリに行き、値切り品をその日食べる分だけ買って帰ってくることも。「使えるお金はこれだけ」と決めておけば、後は工夫せざるを得ません。娘の夢を自分が叶えると決めて、今の状況を憂うことなく、鼻歌を歌いながら限りある生活を楽しむ。それが母でした。

引用元-−-保険市場

自分で全部しょい込まないで公的支援も活用しよう!

ここでは母子家庭世帯のために提供されている奨学金や授業料の免除に関するお話をさせていただきます。これは自治体にもよるのですが、母子家庭に対して教育にかかってくる経費について奨学金または高校の入学支度金としまして支給してくれます。
公的な支援といのは、各自治体によって多少違いがありますので、事前に窓口で確認をしておくようにしましょう。
義務教育の期間では、制服が支給されたり、また給食代や修学旅行の費用などが支給されたりする制度なども存在しています。これらは所得によっても大きく変わってきますが、申請書を提出して受理されることによって無料になることがあります。
母子家庭において生活が困窮してしまっている場合には、高校の授業料の全額、または半額の免除を受けることが出来るケースもありますので、現在通っている高校に相談をしてみると良いでしょう。
また就職をしながら定時制や通信制の高校などへ通っている方の中で、経済的に厳しく、授業料の支払いをすることが困難なような場合には『修学奨励金の貸付制度』と呼ばれている奨学金の貸付があります。
この場合には、正規の課程を卒業することによって貸付金の返済をするのを免除されることもあるそうですので、詳しいことを知りたい時には、それぞれの高校へ問い合わせをしてみてください。

引用元-−-母子家庭を徹底サポート

twitterの反応

 - 育児・子育て

ページ
上部へ