生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

空気清浄機の効果【風邪やインフルエンザ予防への効果】

      2015/03/27

空気清浄機の効果【風邪やインフルエンザ予防への効果】

空気清浄機の風邪やインフルエンザ予防への効果、加湿器との効果比較

ウイルス除去に特化した空気清浄機についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


風邪やインフルエンザに空気清浄機は有効!?

風邪やインフルエンザの予防対策の1つとして、空気清浄機を用いる家庭は非常に多いですね。

では、この空気清浄機は、本当にインフルエンザの予防に役立っているのでしょうか?

空気清浄機と言っても様々なタイプがあり、一概にその効果を否定することも肯定することもできません。

空気清浄機の中には、ただ空気中の気になるニオイやホコリを取ってキレイにするということを前提にしているものもあり、こういったものではインフルエンザウイルスに対する効果は期待できません。

ただし、シャープのプラズマクラスターやパナソニックのナノイー、ダイキンの光速ストリーマなどは、ウイルス除去効果があるということを各社発表しています。

実生活に近い空間での実験を行った結果、プラズマクラスターと光速ストリーマに関しては、ほぼ効果なし。

ナノイーは若干の効果ありという結果になったようですね。

つまり、インフルエンザ予防としての空気清浄機は、それだけで予防になると過信しすぎるのは危険であるということです。

引用元-−-暮らしの知っ得ナビ

インフルエンザ予防のために空気清浄機能付加湿器は役立つか

インフルエンザ予防のために空気清浄機能付加湿器は役立つでしょうか?

今シーズン前にインフルエンザ対策で「空気清浄機能付加湿器」を買うことにしております。昨年度インフルエンザに掛かってしまい辛かったことで、今年からはしっかりとインフルエンザ対策をしていきたいのでよろしくお願い致します。

インフルエンザ予防には効果的だと考えておりますが、あくまでもご自身の家の中だけの対策なのでご理解ください。
インフルエンザウイルスの大きさは「0.1〜0.2μm」ですので、これを吸引しフィルターに閉じ込めることが出来る空気清浄機であれば良いと思います。

一番大切なのは「加湿能力」がお使いのお部屋に適応した定格能力があるのかが問題ですので、調べられたほうが良いです。

室温22度で湿度50%ならば4時間※ほどでほぼインフルエンザウイルスは死滅してしまいます。
※出入りのない場合に限る

空気清浄機よりも加湿能力のほうが大事なのです。

引用元-−-ヤッホー!LOG

風邪対策には「加湿器」か「加湿空気清浄機」を

空気清浄機、加湿空気清浄機、加湿器という3種類の家電製品についてその特徴を見てきたが、風邪や乾燥肌といった冬場特有の健康トラブルにもっとも効果が期待できるのはやはり「加湿」であり、購入するのであれば「加湿器」か、加湿機能のついた「加湿空気清浄機」がもっともニーズに合っていると言える。

いっぽうの「空気清浄機」(加湿機能なし)については、ハウスダストや花粉などによって引き起こされるアレルギーに対しては効果が期待できるが、乾燥には効果がないということで、冬場の健康トラブル回避という意味では、加湿器と併用するか、あるいは加湿機能付きの加湿空気清浄機を購入したほうがいいだろう。

なお、インフルエンザの予防としては、イオン放出系の空気清浄機が話題となっているが、放出したイオンはいつまでも持続するわけではないし、部屋の空気も常に入れ替わるため、インフルエンザ対策としてはこれだけではやはり不十分。インフルエンザウイルスの不活性化には、温度と湿度を保つことが大事と言われているので、暖房とともに部屋の加湿をしたほうが効果が期待できる。空気清浄機を使うにしても、加湿器との併用のほうが効果が高まるだろう。

引用元-−-カカクコム

インフルエンザの感染予防、空気清浄機と加湿器とどっちが有効?

空気清浄機は、空気中のウィルスを除去するものなので、空気感染に備えることになるよね。
インフルエンザは空気感染より飛沫感染の方が確率が高いので感染予防という観点からは、あまり有効じゃないんだ。

では加湿器はどうなんだろう?

加湿器は空気中の湿度を上げて、空気が乾燥するのを防ぐものだよね。

あれぇ、空気の乾燥を防ぐのであって、インフルエンザウィルスの感染を防ぐもじゃないんだね。

実は、空気中の乾燥を防ぐのは、人の喉や食道、気道が乾燥するのを防ぐためなんだ。

だから、加湿器は感染を予防するのでじゃなくて、発病を防ぐ為に使うものなんだよ。

加湿器付の空気清浄機って売られてるけどどうなの?

最近の空気清浄機は、加湿機能をもったものもあるよね。当然ですが、それだけ値段も高いよね。

加湿器付の空気清浄機は、空気清浄の為の機能を流用して、水分を気化させて加湿するんだって。

普通の加湿器に対して、かなり電気を食うメカニズムになってるみたい。
空気清浄機とは別に普通の加湿器を使うほうが故障した時の対応とか、融通性を考えても別々の方がいいね。

個人的な意見だけど、加湿器付の空気清浄機は初めから選択肢の中にはあがらないなぁ。

引用元-−-ブログは1日にしてならず

0.1マイクロメートルの微粒子を吸着できれば、ウイルスをほぼブロックすることができる

空気清浄機が最も売れるのは毎年、風邪やインフルエンザ予防を目的に購入する人が増えてくる秋以降だ。空気が乾きやすい季節になると、ノドに潤いがなくなり、さまざまなウイルスや細菌に感染しやすくなる。

自由が丘メディカルプラザ小児科の髙嶋能文院長は、「風邪やインフルエンザのウイルスは湿度に弱い」という。最近、加湿機能付きの空気清浄機が増えているのも、こうしたニーズを満たしているためだ。

一方、家電メーカーが競っているのが「除去率」。中国の「PM2.5」問題が表面化して以降、ハウスダストやカビ・菌、花粉といった微細な粒子やインフルエンザ・ウイルスなどを、どれだけ除去できるのか――。いわば空気清浄機がもつ本来の機能に注目が集まるようになった。

空気清浄機は室内の汚れた空気を取り込んでキレイな空気を速く供給するので、清浄するフィルターの目が細かいほど微小粒子状物質の除去率が向上する。これまでの主流は「0.3マイクロメートル」だったが、「0.1マイクロメートル」の微粒子を通さないフィルター技術を搭載した空気清浄機が登場している。

前出の髙嶋院長は、「インフルエンザ・ウイルスは大きさが0.1マイクロメートルほどですから、フィルターで0.1マイクロメートルの微粒子を吸着できれば、ウイルスをほぼブロックすることができるでしょう」という。

引用元-−-J CASTニュース

twitterの反応

 - 健康

ページ
上部へ