生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

半月板損傷の治療のための手術はデメリットの方が多い?

      2015/05/12

半月板損傷の治療のための手術はデメリットの方が多い?

スポーツ選手に多いケガのイメージの《半月板損傷》。

手術すれば完治するの?手術のメリットとデメリットは?

半月板損傷になった時に手術を選んだ場合のメリット・デメリットについてまとめてみま

した。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


よく聞く「半月板損傷」の半月板とは何?

膝の関節の内側と外側に1個ずつある三日月型の軟骨組織です。半月というよりは三日月を少し太くしたような形をしています。半月板の役割は、膝の関節に加わる衝撃が一箇所に集中しないよう分散させるクッションの働きと、その形状でひざを安定させる役目を果たしています。

引用元-『膝の痛み』全解説

半月板損傷の原因とは?

膝は体の中でも特に体重による負荷が大きくかかる箇所で、片方の足に体重の10倍以上の負荷がかかることもあります。そのため半月板にも大きな力が加わります。

半月板損傷は、急激な動きや無理な体勢をとって膝を酷使したり、強く打ち付けた時に、吸収しきれないほどの負荷がかかることで半月板が欠けたり断裂した状態を指します。
運動中の膝のケガで多く発生するため、急性のスポーツ外傷に分類されています。サッカーやラグビーで走りながら急激に方向転換をしたり、野球で捕手が膝を深く曲げた姿勢から送球をするときなど、多くは膝が無理にひねられたり伸ばされたときに起こります。

若い人に比較的多い傷害で、外傷によるものが殆どですが、加齢によって半月板の負荷が蓄積して切れるケースもあります。この場合、長い時間をかけてゆっくりと切れていくため、痛みもゆっくりあらわれます。

引用元-『膝の痛み』全解説

半月板損傷の手術の種類は?

半月板の手術は関節鏡という内視鏡を用いて、「縫合術」と「切除術」の2種類を行っています。
半月板は部位により栄養方法が異なるため、半月板の断裂部位によって手術方法が変わります。

半月板の外縁では血管から栄養が供給されており、内縁では関節液から供給されています。組織が癒合、修復するには血液が必要です。
外縁は血流が豊富なため縫合することにより癒合することが期待できます。そのため断裂部が外縁の場合、主に縫合術が選択されますが、半月板の損傷程度がつよく縫合するための糸がかかりにくい場合など縫合できないと判断した場合は部分切除が行われます。

引用元-亀田メディカルセンター スポーツ医学科

手術のデメリットは「半月板を取ってしまう」こと?

病院では、半月板の断裂状況、膝の引っかかり(ロッキング)、保存療法で改善が見られない場合、手術を勧めます。手術は半月板の切除と縫合の二通りです。

切除は損傷した半月板を全部あるいは一部を取り除くものであり、縫合は、治癒が期待できる所を縫い合わせる手術療法です。

ここで、問題なのは、“半月板”という体の一部を取り除いてしまうことです。

半月板は、関節内でクッションの役割をする大切な体の一部です。それを取ってしまうことで、関節への負担は、スポーツをしなくても増しますし、後々、骨の破壊が進んで人工関節の手術ということもありえるのです。

半月板を取り除くことのない縫合手術は、まだいいのですが、スポーツに復帰して再度半月板を損傷することは少なくないのです。そもそも、なぜ半月板が損傷したのか正しい原因を対処しない限り、完全復帰することは難しいといえます。

引用元- FMT整体

一度欠損した半月板組織が再生することはないため、半月板を完全に元通りに戻すことはできないというのが現状です。しかし近年になって、自分の膝の滑膜組織からとった幹細胞を使って半月板を再生させる治療法が日本で開発され、現在臨床研究が進んでいます。近い将来、半月板の再生治療が実現する可能性が高まっています。

引用元-『膝の痛み』全解説

半月板損傷の手術はデメリットの少ない内視鏡手術がオススメ!

半月板の手術は現在ではほぼ9割以上が内視鏡手術で行われているのが現状です。

 ではここで内視鏡手術を選択するメリットについても確認しておきましょう。

 内視鏡外科手術のメリットは、

☆何よりも傷口が最小限に抑えることができる
☆切開後の状況で手術方法を検討可能

 などの大きなメリットがあります。

 特に、長期間戦線離脱をする事が出来ないスポーツアスリートであれば回復までのサイクルが短い内視鏡手術は優先的に選択したい手術です。

 但しデメリットとしてはどこでも手術を行えるわけではなく内視鏡設備が備わっている医療機関で手術を行う必要があります。

 手術では、損傷した半月板そのものを摘出する手術を行うケースが大半です。

 この手術で、ロッキング症状を解消できると共に、リハビリを重ねる事で現場への復帰も早まります。

引用元-半月板損傷の症状の特徴

手術以外の方法もある?

半月板は損傷があるからといって,そのすべてが手術の対象となるわけではありません。
早期に手術が必要なのは、痛みに加えて半月板のひっかかりで膝が動かないなどの症状がある場合です。また、痛みが長く続き、くり返し水が溜まるなどの症状があって、スポーツ活動、日常生活、職業上大きな支障がある場合手術が必要です。

( 保存的療法(手術以外の治療法) )
膝が腫れや痛みが強い時は、患部に負担をかけないよう可能な範囲で膝の安静を保つことが基本です。強い痛みがある場合は、痛みや炎症を抑える目的で湿布や塗り薬、飲み薬(消炎鎮痛剤)を使います。膝に多量に水がたまった場合は針を刺して内容液を取り除きます(関節穿刺)。また、関節の潤滑性を高め炎症を鎮める効果のある薬剤(ヒアルロン酸など)を関節内に注入する方法もあります。半月板の血行が良い部位では、自然に治癒する場合もあるので、まずは保存的に治療を行います。

( 手術 )
内視鏡(関節鏡)手術の進歩により,現在では小さな傷から半月板の損傷部位のみを切除して健常部分は温存する方法が一般化しました。この方法では手術直後から歩行が可能で、手術後1週間ほどで日常生活に支障がない程度まで回復します。

引用元-医療法人松田整形外科記念病院 



twitterの反応

 - 怪我

ページ
上部へ