生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

結婚後の家計の管理はやっぱり妻がするべき?そのルールとは

   

結婚後の家計の管理はやっぱり妻がするべき?そのルールとは

独身時代と違って、結婚すると家計の管理が大事になってくるもの。

初めての共同生活。しっかり決めておかないと、貯まるものも貯まらない・・・

なんてことにも。

結婚後の家計管理のルールや方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


結婚してから家計の管理ややりくりをしているのは夫?妻?

「夫・妻どちらが、家計のやりくりをしていますか?」という質問では、
・妻……71.8%
・夫婦2人……22.2%
・夫……6.0%
と、「家計管理は妻の役目」という家庭が7割以上と圧倒的。

20代から50代まで幅広く回答をいただきましたが、どの年代でも「やりくりは妻」という回答が7割近くに上りました。意外にも(?)昔から変わらぬスタイルを選んでいる人が多いようです。

続いて、「今の夫婦間の家計管理に満足していますか?」という質問では、
・はい……68.4%
・いいえ……31.6%
と、3分の2以上の方が「満足している」との答え。

さらに分析してみると、いちばん満足度が高かったのは「夫婦2人で」やりくりしている家庭で75%。次が「夫」で71.4%、「妻」は66.3%という結果になりました。夫婦で家計管理をしている家庭の満足度が高いのは、2人で話し合いながら決めているからでしょうか。

引用元-シティリビングweb

結婚後の家計管理の2つのルールとは?

結婚後は、これまで別々に管理していたふたりのお財布が一緒になるので、ある程度ルールを作っておくことが大事に。まずは、家計管理のパターンには、どんなものがあるのかを見ていきましょう。

お小遣いパターン

女性が専業主婦、またはパートタイムをしている場合に多くみられる、妻が家計を管理して夫に毎月お小遣いを渡す、昔から一般的だったパターン。妻が家計を一括で管理できるため、収支を把握しやすいのがメリット。妻が家計管理を得意としている場合にオススメ。でも最近はクレジットカードや電子マネーを使う機会が増えているため、夫にお小遣いとして現金を手渡しても、それ以上の金額をクレジットカードで使ってしまう場合も!カード会社の明細を毎月チェックし、使った額について夫婦で話し合うことが大事です。

家計先渡しパターン

夫が、給料日に一カ月分の家計と妻のお小遣いを合わせた金額を妻に渡すパターン。この場合、妻からすると、夫の収入がいくらかわからず、散財していても気づきにくいという注意点があります。夫が几帳面で家計管理を任せられる場合にのみオススメ。

引用元-ゼクシィ

妻が家計管理している理由とは?

「細かく家計簿をつけたり、資産管理をするのが好きだから」(33歳・女性)
「お金の管理を自分よりもしっかりできるから」(26歳・男性)
「性格的に細かいから、几帳面だから、財布の紐が硬いから」(28歳・女性)
と、妻のほうが細かなお金の管理が得意だったり、好きだったり、という声が多い。

また、
「日常の買い物は殆ど自分だから」(31歳・女性)
「自分は残業も多く管理する暇がない。平日に銀行にも行けないので管理はすべて妻に」(33歳・男性)
など、妻が担当したほうが便利なことが理由な世帯も多い。

引用元-スーモジャーナル

妻が管理派は、「妻がしっかりしている」「妻に任せた方が楽」
奥さまが家計管理をする家では、「銀行のカードはすべて私(妻)が持っていて、夫にはお小遣いをあげている」(女性/30歳/結婚4年目、以下年数のみ)、「妻が完全に管理していて夫は貯蓄額も知らないと思う」(女性/31歳/3年目)、「給料も通帳も預かって管理する。旦那は少しお金の管理が甘いので」(女性/27歳/1年目)など、旦那さまにはお小遣いだけ渡すという奥さまが多数。

男性の意見としては、「嫁さんの方がきちんとしているから」(男性/30歳/3年目)と奥さまの管理能力を称える声の他、「妻が家計簿をつける。稼ぎのすべてを渡すのは気が引けるが、共通の費用などを管理してもらえるならその方が楽」(男性/28歳/2年目)、「自分では時間がない」(男性/40歳/10年目以上)など、任せた方が負担が少ないといった意見も。

引用元-マイナビウェディング

結婚後の家計管理はこの4つのパターンから選ぼう!

1. 家計一体タイプ[ダブルインカム] [シングルインカム]

共働きであれ、片働きであれ、「一つ」の家計として管理するパターン。夫婦の収入をすべて明らかにして管理します。一体化した家計の中から、それぞれのこづかいを受け取る形になります。
家計を一括管理することで収支も明朗会計となって把握しやすいのがメリットで、もっとも貯めやすい方法といえます。一方で、すべての収入・支出が管理されるので、やや窮屈に感じる人もいるようです。

2. 生活費だけ管理タイプ[シングルインカム]

片働き家庭限定ですが、たとえば夫が働いて、妻は専業主婦という場合に見られる管理法です。夫は収入の中から1ヵ月の生活費だけを妻に渡し、妻は受け取った中でやりくりをして、できれば貯蓄もめざします。主な貯蓄は夫が管理します。夫が専業主夫の場合は、この逆になります。
この場合、「家の貯蓄」がいくらあるのは把握しにくく、収入を得ているほうが万一、散財をしていても気づきにくいというデメリットがあります。

3. 共同口座タイプ[ダブルインカム]

共働き夫婦にオススメなのが、家計用の銀行口座を用意して、そこにお互いがお金を入れてやりくりするパターン。「月○万円」あるいは「手取り収入の○割」など、お互いに決めた額を入金します。そこから家賃や駐車場代、公共料金、食費、レジャー費などを支払い、また、毎月一定額を貯蓄分として確保します。このパターンだと、手元に残ったお金は夫婦それぞれのおこづかいや貯蓄になります。
夫婦ともに家計に貢献するため不公平感がない点がメリットですが、「残った分は自由につかえる」と気持ちが大きくなって、あまり貯めずに趣味にお金をつかってしまう例もあります。

4. 費目で分担タイプ[ダブルインカム]

「共同口座タイプ」に似ていますが、金額で決めるのではなく、「家賃や車関係は夫が支払い、そのほかの家計費は妻が支払う」などと費目を分けて負担を決めます。どの費目をどちらが負担するかは、年収の差を見ながら決めましょう。
ただし、冠婚葬祭などで接待交際費がかさんだ月は、夫からも出してもらうなど、臨機応変な対応ができるようにしておきたいもの。

引用元-ウイメンズパーク

家計を管理する上では趣味やお小遣いのルールも忘れずに

夫婦の家計管理について、ついつい忘れがちなのが趣味やお小遣いのルール。特に趣味にかけるお金は価値観が大きく影響します。お互いに共通の趣味であれば、お互いの理解も得られやすいものです。

しかし、どちらかだけの趣味であれば要注意です。結婚前に、この趣味は続けたい、そしてどれだけの費用が発生するか、いつまでするのかなどをきちんと話し合いましょう。

費用面で問題が出るのであれば頻度を下げるなどして、お互いの趣味をできるだけ続けられるように、歩み寄ることが大切です。

引用元-All About



twitterの反応

 - 結婚

ページ
上部へ