生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

毎日のビールがあなたに健康をもたらす?その理由とは?

      2015/06/25

毎日のビールがあなたに健康をもたらす?その理由とは?

ビールを飲むと「太る」という印象、ありませんか?

それは「ビール腹」という言葉からきてるのかも?

でも、実は毎日のビールは健康に良いという発表や、ダイエットにも効果があるといわれ始めています。

恐るべしビール!健康に良いと言われる理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


毎日のビールが健康に良いとの研究結果が出た?

健康のことを考えて、仕事の後のビールをためらっていたそこのあなた!これからは、なんの気兼ねもなくビールが飲めるようになるかもしれない。以前「一日一杯の緑茶が体にいい」とお伝えしたが、今度はなんと「一日一杯のビールが体にいい」と発表され、世界のビール好きたちは大喜びしている。

今回のビールに関する研究を発表したのは、スペインのエストラッチ博士とラムエラ博士。彼らの研究によると、一日1パイントのビールを飲むと、糖尿病・高血圧のリスクを減らし、そしてさらには体重を減らすことさえできるのだという。

1パイントはイギリスやアメリカで使われている容積の単位であり、日本でいう約568ミリリットルのこと。500ミリリットルの缶ビール、一杯分を想像すると分かりやすいだろう。

エストラッチ博士とラムエラ博士は、57歳以上の男女1249人を対象に今回のビールの調査を行った。対象者たちはエールビールやラガービールを適量に摂取することで、糖尿病や高血圧にかかりにくくなり、そしてなかには体の脂肪が減ったという人もいたから驚きだ。

引用元-ビール好きに朗報!「一日一杯のビールが体にいい」と発表される | ロケットニュース24

毎日少量の飲酒は健康に良いけど、大量はNG?

少量の飲酒が健康に良い一方で、大量の飲酒を続ける生活習慣は、さまざまな生活習慣病を引き起こします。

脂肪肝、肝炎、肝硬変といった肝機能障害はもちろんのこと、すい臓炎、糖尿病、高血圧、動脈硬化症、心臓疾患、脳血管障害など、全身のあらゆる病気の原因になるといっても過言ではありません。

がんについては、特に咽頭がん、口腔がん、食道がん、大腸がん、乳がんなどと大量飲酒との強い因果関係が指摘されています。

お酒の飲み過ぎで病気にならないように、日ごろの飲酒を適量に保ち、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

引用元-生活習慣病に注意 | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール

毎日のビールでダイエットできる?

ビールが他のお酒に比べて太るといわれるのは、糖質が含まれているからです。

 一方、焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は、糖質を含まないため、ダイエットに良いお酒とされています。

糖質を含む、含まないは、お酒のつくり方に起因しています。

 ビールや日本酒、ワインなどの醸造酒は、原料の麦芽や米、ブドウに酵母を加え、発酵させてつくります。

この際、原料に含まれる糖分を、酵母が分解することでアルコールが生まれます。

太古の昔に生まれたこのお酒が、醸造酒です。

 私たちの祖先は、果実が酵母によって、偶然アルコール発酵したものを見つけ、その美味しさの虜になって、さまざまなお酒を生み出してきました。

 原料に含まれている糖分は、すべてがアルコール発酵に使われるわけではなく、できあがったお酒の中に若干残ります。

これを残糖と呼びます。

ワインや日本酒など は、この残糖の量によって甘口・辛口といった味のタイプに分けられています。

 これに対して蒸留酒は、アルコール発酵した原料を蒸留して、アルコール分を集めてつくられます。

糖質は原料のなかに残るため、蒸留されたアルコール中の糖質は0となります。

 ただし、ビールに含まれる糖質量は、ロング缶1本で、ごはん半杯にも満たない量です。

健康な人にとっては、この程度の糖質量は大した問題はありません。

おつまみや食事量で充分調整することができるため、ビールを飲みながらダイエットすることは充分に可能なのです。

好きなビールを我慢するより、飲み方やおつまみを工夫して、ストレスなくダイエットをしましょう。

引用元-やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい―メタボが気になる方に朗報! | PHPオンライン 衆知|PHP研究所

健康に良いビールの適量はどのくらいの量なの?

病気を防ぎ、長生きが期待できるビールの飲み方をするには「適量」を守ることが大切です。厚生労働省が推進する「健康日本21」では、適正飲料は純アルコールにして20gだと言われています。これは、日本酒ならば1合(180ml)、ウイスキーならダブルが1杯(60ml)、ワインなら2杯分(200ml)に匹敵します。
ビールなら、中瓶1本(500ml)がもっとも身体にいい「適量」です。とはいえ、お酒によってもアルコールの度数は違うもの。純アルコールを計算したい場合は、次の式を目安に計算できます。

お酒の量(ml)×(アルコール度数(%)÷100)×0.8

アルコール度数5の中瓶ビールなら次のようになります。

500ml×(5÷100)×0.8=20

前述したように、1日あたりのお酒の適正量は20〜25gと言われているので、ビールなら500mlがもっとも理想的な1日あたりの摂取量ということになりますね。

ビールがより美味しく感じる夏。飲みすぎには気を付けて、適量を守って健康的にお酒を楽しみましょう!

引用元-意外と多い!?もっとも身体にいいビールの適量は●●mlだった! (Mocosuku Woman) – Yahoo!ニュース

ビールは健康に良い?5つのメリットとは?

1.心臓にいい!

適量のビールを飲む習慣がある人は、そうでない人よりも心臓疾患のリスクが3%低いそうです。また、心臓発作や心血管系の病気で死亡する確率は40%以上低くなるそうです。同様の結果はワインでも報告されています。

2.善玉コレステロールを増やす!

コレステロール値を下げることはできませんが、毎日適量のビールを飲むことで、善玉コレステロール(HDL)を増やすことができます。これには血液をサラサラにする効果があります。

3.ビタミンB6の補給に!

ビール党の人は、血液中のビタミンB6の量が30%多いという結果が出ています。これは赤ワイン派の人の倍の値なのだとか。このビタミンは、脳の機能の向上やエネルギーの生成、抵抗力アップを助ける栄養素です。

4.ボケ防止に!

高齢の女性を対象にした調査では、1日1杯のビールを飲む女性は、そうでない人より認知症のリスクが20%低いことが分かりました。また、別の調査では、ビールを飲む高齢者は体内のシリコン量が多いことが分かっているそうです。これは、骨の健康に効果的で、骨折や関節痛を防ぎます。

5.抗酸化作用!

細胞の老化を防ぐ作用は、健康にも美容にも効果的。ライトなものよりも、黒ビールなど色や味の濃いものの方がこの作用は大きいそうです。

引用元-実は健康にいい効果も!ビールのメリット―「ボケ防止」「抗酸化作用」 | 「マイナビウーマン」



twitterの反応

 - 健康

ページ
上部へ