生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

離婚後の親権は父親有利?母親有利?その理由とは?

      2015/08/05

離婚後の親権は父親有利?母親有利?その理由とは?

離婚するとなった場合に一筋縄ではいかない親権者の問題。

日本では圧倒的に母親有利と言われているけど、父親有利になる時もあるの?

なぜ親権は父親有利ではないのか?その理由や父親が親権を得る方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


離婚後の親権者は母親が80%以上の現実

ある統計によりますと、調停・審判を分析しますと83パーセントがお母さんに親権者に指定されており、12パーセントがお父さんに親権者に指定されており、兄弟が複数いる場合においてそれぞれが引き取り合うということが5パーセントというのが実態です。

この統計からしましてもお父さんが親権者として指定するためには、弁護士に依頼して自分なりの言い分について大義名分を持って主張していくことが大事だと思います。

引用元-父親が親権を取るには?

離婚後に親権が父親有利にならない理由は?

一般的に子どもを引き取るのは、母親だというイメージがありますが、父親が子どもを引き取り育てていく事は、むずかしいのでしょうか。

裁判で親権を決定する場合は、父親の親権主張が却下されるケースが多いと言われています。
その理由については、正社員として仕事をしていると、どうしても定時刻に帰宅することはできず、休日出勤もないともかぎりません。

さらに仕事の接待が続くと、アルコールの飲酒率も多くなるはずです。
このような父親が子どもを引き取ってしまうと、誰の目からも見ても、子どもの生活全般を支えるのは、厳しいと思われますよね。

裁判官は、父親が子どもを引き取って、しっかりと育てて行きたいという意志は認めても、実際に育てるとなると食事の準備や洗濯、掃除、学校行事への参加、家庭の団らんなどを設ける事は難しいと判断し、親権取得を却下するのです。

父親であっても、子どもの世話が確実にできるという具体的な言い分があれば、親権を認め子どもを引き取る事は可能です。
例えば、父親の実家で、ご両親と生活をする場所へ子どもを引き取る場合は、親権取得が可能となるでしょう。

引用元-父親が取得する親権について | 離婚を考える

父親が親権を獲得する方法はあるの?

お子さんの健やかな成長には経済的基盤が欠かせません。こうした点はお父さんに有利なことが多いのですが、養育費制度がありますので経済的基盤での優位性は養育費が高くなるほど薄れていくという関係にあります。

ポイントとしては、すでに子どもにつき実質的に面倒をみているのはどちらで不都合は生じているのか、乳幼児における母性優先の原則、子どもの意思の尊重の原則、兄弟不分離の原則、他方当事者が不適当である理由が挙げられます。
どうでしょうか。これらをみるといずれも男性側には不利な親権者指定の判断基準になっているかと思います。

別居については男性側別居という例が比較的多く、子どもの面倒は、別居後は母親がみていることが多いですから実質的に面倒をみているのはお母さんで特に不都合は生じていない、子どもが小さい、お子さんはお母さんと一緒にいるなら「お母さんとはなれたい」とは感情的に言いにくいと思います。他方当事者が不適当である、ということも、余程の生活が乱れているなどの事情があるかどうかがポイントになってくるかと思います。

いずれにしても親権は、「あるかなしか」の争いになりますから、争いが生じればかなりの鋭い紛争になるということはご理解いただく必要があります。少なくとも、このような事態になった場合は弁護士の助力が必要な案件ではないか、と思います。

引用元-父親が親権を取るには?

離婚後の親権は父親有利ではなくても親権者にはなれる?

一般的に、父親は親権を獲得することが難しいということをお聞きしたことがあるのではないでしょうか。
調停でも、調停委員は母親に親権を獲得させるような方向で調整します。
実際に調停において親権を獲得するのは母親であるケースがほとんどです(8〜9割は母親が親権を取得)。

親権が欲しい父親には残念な事実ですが、調停委員も幼ければ幼いほど、子供には母親が必要であると考える傾向があるので、どうしても不利になります。

ただし、父親が不利であるといっても、まったく親権者になれないということではありません。

別居後すぐに子どもを養育し、子どもを養育する環境を整えるなど、調停委員に「父親が面倒を見るのがベストである」と思わせることができれば、父親も親権者となりえます。

具体的には、夫婦が既に別居している場合で、夫が子どもと暮らしている場合、比較的父親が親権を獲得できる可能性が高いです。

ちなみに、離婚時に妻が妊娠している場合は原則としてそのまま妻が親権者となります(もっとも、夫が親権を要求するのであれば、裁判所に申し立てることはできます)。

引用元-離婚時に調停で親権を獲得するために知っておくと有利な7つのこと

親権はあくまでも子どものための制度

夫婦双方の話し合い(協議離婚)の下、離婚後の親権者が決まれば、何も言うことはありません。

問題は、両者(夫・妻)が親権を一歩も譲らず、折り合いがつかないケースです。

夫婦間で起こった問題の大半は、いきなり裁判所で争うことはできません。

つまり、法廷で争う前に、まずは家庭裁判所で調停委員を間に立てた話し合いを行わなければなら
ないということです。(これを、調停前置主義と呼びます)

ただし、調停はあくまで話し合いによって問題解決を図る場なので、最後まで両者の合意が得られ
なければ、調停は不成立で終わってしまいます。

そこで、親権について問題が解決しない場合には、家事審判手続きへと移行します。

つまり、家庭裁判所が、父親か母親、どちらか一方に親権者を定めるということです。

そうなると、親権が欲しい者にとっては「自分を親権者として選んでくれるだろうか・・・」というこ
とが、非常に気になるところだと思うので、離婚後の親権状況について少しお話ししておきましょ
う。

親権は、あくまで子供のための制度であることから、本人の意思を尊重することが最も望ましいの
でしょうが、社会経験や知識の乏しい未成年者が、自分にとって父親と母親、どちらに親権を持っ
てもらうことがベストであるかを判断するのは難しいことです。

引用元-離婚 親権を勝ち取るための基礎知識

twitterの反応

 - 結婚

ページ
上部へ