生活を豊かにする生活情報WEBマガジン

ライフケアマガジン

肩甲骨の筋肉の痙攣・・・これって何かの病気?

      2016/01/10

肩甲骨の筋肉の痙攣・・・これって何かの病気?

なんだか最近肩甲骨の筋肉が痙攣する・・・そんな経験ありませんか?

単なる肩こりの延長?それとも何かの病気の可能性も考えられる?

肩甲骨の筋肉の痙攣の原因や解消法についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

4cf0d65f8e301871b043ec3404f4c4b6_s
離婚調停は弁護士に依頼した方が有利?それとも不利?

離婚調停になった時、弁護士に依頼するという選択肢もあるけど、...

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s
腹痛、下痢、吐き気・・・これはウイルスのせい?

腹痛、下痢、吐き気に襲われたら、疑われるのはウイルスによる風...

32e4d5e5e351c25a567b278688f5ffed_s
副業で確定申告が必要になるのは20万以上?主婦も要注意?

会社員として働いているけど、休みの日に副業している人・・・ ...

95c7104362399ad6aa6a26e3dba94955_s
飛行機に乗る時の手荷物検査・・・その時携帯は?

飛行機に乗る時、手荷物カウンターで預ける荷物と機内持込する物...

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
皮膚がピリピリチクチク・・・そう感じたら帯状疱疹かも?

皮膚がピリピリチクチク痛む・・・これはいったい何?

d1ca2c6218267093c36d5586f275ce84_s
日本の景気は今後どうなっていく?オリンピックの影響は?

円安などの影響で日本の景気は良くなってると言うけど、

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
同窓会の案内の返信・・・欠席で出すならメッセージは必要?

高校や中学校の同窓会。

案内状...

7e78f8f835fd2582aa27b4b724b431b1_s
統合失調症患者の入院・・・強制入院までの流れとは?

統合失調症患者に病院へ行くように説得してもどうしても承諾しな...

6486ce5706ebaec54e0bccce8a495707_s
電気ストーブやヒーター・・・一番暖かいのはどれ?

冬に向けて必要になってくる電気ストーブやヒーター。

15bf2989b76b3de85302368dadef275e_s
大学生の恋愛って顔重視?性格はどうでもいいの?

大学生になったら恋人もできてバラ色の生活が待ってる・・・ ...

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
大学受験なのに子供が勉強しない・・・親としてどう接する?

大学受験を控えている子供。

そ...

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s
大学の留年と単位の関係は?卒業できなくて留年も?

大学生にとって留年は大きな問題。

46625ea131c2754e5526358dcb639bd9_s
精神科に入院する場合の持ち物は制限アリ?必要な物は?

精神科に入院することになったら、病棟によっては持ち物の制限が...

6df634a08e399beb71bc1716d5aa18e8_s
脂肪腫の手術の内容は?手術後の痛みはある?

脂肪腫を切除するための手術。

...

0af5610679419d9afe3e2fac42e2caaf_s
新入社員で仕事が覚えられない・・・これからできることは?

入社してしばらく経ってくると、いろんな壁にぶち当たるもの。 ...

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s
仕事のストレスでニキビ?大人ニキビのメカニズムとは?

思春期じゃないのにニキビ・・・

206725ea39f32c0b4423d1fea5235226_s
鎖骨の筋肉が痛い・・・骨の異常?その原因とは?

鎖骨の筋肉が痛い・・・単なる筋肉痛?それとも骨に問題あり? ...

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s
高校を留年する可能性は成績不振でもありえる?赤点要注意?

病気で入院して出席日数が足りなくて高校を留年・・・

aef9de1dcc3018cf9eb5f371b61368b1_s
公務員から民間企業への転職は不利?その逆パターンも?

公務員から民間企業、又は民間企業から公務員への転職・・・ ...

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s
確定拠出年金の運用でおすすめの商品とは?選ぶ基準は?

安定した利益が見込めると言われる確定拠出年金個人型(401k...

スポンサーリンク


Q 肩甲骨の筋肉の痙攣・・・何かの病気?

筋肉の痙攣についてです。

3日くらい前から右の背中の肩甲骨あたりの筋肉がピクピクと連続して不随意運動を起こすようになりました。

これまでにも稀に身体にそういうことはありましたが、

今回は場所が固定されていて4〜5分に渡って来ます。1日に3回ほどです。

そこを手で触ると振動しているのがよくわかる程で、不安になってきました。

調べると、てんかんや脳出血なんかが原因になって起こることもあるとありましたが本当でしょうか。

アクロバット系をしていて、最近失敗して頭にズンと来ることがあるので。

杞憂でしょうか。

引用元-筋肉の痙攣についてです。3日くらい前から右の背中の肩甲骨あたりの筋肉がピクピ… – Yahoo!知恵袋

A 肩甲骨の筋肉の痙攣から考えられるのは・・・

ハードなトレーニングの後に見られることがあります。

筋肉は過酷なトレーニングにより壊れます。

壊れた筋肉を修理してより、協力な筋肉になるとトレーニング前よりも太く、固く成ります。

筋肉がピクピクしているのは、壊れた筋肉が修復されているからです。今は休息が必要なんだと思います。

トレーニング後なら自然と治ります。

アクロバットで失敗したからいつもと違う筋肉を使ったからだと思います。

引用元-筋肉の痙攣についてです。3日くらい前から右の背中の肩甲骨あたりの筋肉がピクピ… – Yahoo!知恵袋

線維束性筋攣縮という、筋肉の勝手なぴくつきだと思います。

てんかんなど脳の問題ではないと思います。

このぴくつきは疲れや寝不足があると非常に増えます。

一種の生理現象で、病気と関係があることは殆どありません。

出やすい場所はその方によって違い、腕だったり肩だったり、瞼だったりと色々です。

あまり気にされなくてよいのではないかと思います。

寝不足や疲れに思い当たるところがあるようなら、まずはゆっくりと休んでみましょう。

引用元-筋肉の痙攣についてです。3日くらい前から右の背中の肩甲骨あたりの筋肉がピクピ… – Yahoo!知恵袋

肩甲骨の筋肉の痙攣にはストレッチが良い?

肩甲骨インナーマッスルの慢性的なコリに悩んでいる方が結構いるようです。

私は、コリというより、無理な体勢で身体を捻ったりすると、肩甲骨周りの筋肉が痙攣します。

痙攣は筋肉を伸ばせば治まるのですから、もしかしたら肩甲骨の慢性的なコリも筋肉を伸ばす動きをすれば治るかもしれませんね。

痙攣している間は痛いし苦しいので、なんとかそれから逃れようとして一生懸命肩甲骨周りの筋肉を伸ばそうと頑張ります。

必死に筋肉が伸びる方向に腕を曲げたりして痙攣から逃れた経験から、ちょうど良いやり方を私は自然にマスターしました。

それは、背中を丸めるように盛り上がらせて少しでも筋肉を伸ばそうとする感じで、肩甲骨周り以外の筋肉を使って伸ばすのです。

言葉ではなかなか説明するのは難しいのですが、骨格の構成上、身体は動ける方向や角度が決まっていますから、動ける方向に筋肉を伸ばすしかないのです。

肩甲骨のコリも痙攣と同様に、動かせる方向に筋肉を伸ばすことで、解消するのではないでしょうか。

しかし、それよりももっとやりやすい方法があります。

それは痛みもなく身体が気持ちよくなるストレッチ法として、今注目を集めている「インチャクトレーニング」です。

ヌンチャクならぬインチャクを使用してトレーニングすると肩甲骨周り筋肉の奥が伸びるのが実感できて、今まで味わったことがない快感が得られます。

快感が得られるからストレッチが習慣化するので、いつの間にか肩甲骨のコリが解消しているのです。

引用元-肩甲骨インナーマッスルのコリを解消する方法

肩甲骨周辺の痛みは筋肉疲労によるもの?

厚生労働省の統計によりますと、肩こりは女性の不定愁訴のトップで肩こり等の筋骨格系疾患は今後も増加傾向にあるとのことです。

肩こりや背中の痛み・首の痛みの原因は、ケガや病気によるものは少なく、ほとんどの場合、筋肉疲労(筋肉のスパズム・けいれん)による血行不良です。

頭の重さは体重の約10%で体重50㎏の方は約5Kg、ちょうど11ポンドのボウリングのボールに相当します。

片腕の重さは体重の約5%で体重50㎏の方は約3Kg、両腕で約6Kgのウェイトを肩関節からぶら下げていることになります。

このように重い頭や腕を支えているために、何もしていなくても悪い姿勢を長時間続けていると、首や肩、背中の筋肉に大きな負担がかかり疲労しやすい状態といえます。

さらに、筋肉は動かさないと収縮して硬くなります。

また、ストレスによっても自律神経のバランスが崩れ、筋肉も収縮して硬くなります。

その硬くなった筋肉が血管を圧迫し、血管も収縮して細くなるため、血行不良になります。

すると、血液循環による酸素や栄養の筋肉への供給不足や筋肉内の疲労物質の回収不足になり、筋肉疲労が蓄積してしまいます。

その結果、痛みなどの辛い症状になるのです。

ですから、ケガや病気でなければ、筋肉疲労が主な原因と考えられます。

引用元-肩こり・背中の痛み・首の痛みの原因とアドバイス あさひ整体院(群馬県高崎市)

肩甲骨の筋肉の痙攣・・・筋膜性疼痛症候群かも?

概要

筋膜性疼痛症候群(きんまくせい とうつうしょうこうぐん、Myofascial Pain Syndrome:MPS)は、筋肉が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気です。

日本では筋痛症とも呼ばれることもあります。

この病気は1980年代にアメリカで『Travell & Simons’ Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual (筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』(Janet G. Travell 医師とDavid G.Simons医師の共著)という医学書にて発表されました。

通常、我々が急激に重い物を持ったり、無理な姿勢等により繰り返し筋肉に負荷をかけると筋肉に微小損傷が発生します。

いわゆる筋肉痛の状態です。

通常、この痛みは数日程度で自己回復をします。

しかし、さらに、繰り返し筋肉に負荷を与えたり、寒冷にさらされたりりて血行の悪い状態を作ると、その部分が痙攣(けいれん)状態になり短期間で自己回復できなくなります。

この状態が筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。

筋膜性疼痛症候群(MPS)では一般的な筋肉痛とは異なり、痛みやしびれの強さが相当激しいものになり、更に痛みやしびれの範囲が広範囲に発生します。

痛み、しびれを感じる部位

この病気が起きる可能性ある筋肉は全身の筋肉です。

ただし、筋膜性疼痛症候群(MPS)の場合は、全身で同時に痛み、しびれが発生することは基本的には無く、片肩、首、腰、片足など特定の部位、若しくはその複数の部位の組み合わせで発生をします。また、筋肉の痙攣(けいれん)が起きている場所によっては、広い範囲で痛み、しびれを感じます。

引用元-筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)治療について

twitterの反応

 - 病気・薬

ページ
上部へ